世代継承・親孝行プロジェクト部門

人生史・会社史・家系図作成案内
MHD人生史・社史映像&家系図作成 チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 463.5 KB

 

鮭は、故郷の川へ帰り未来の子孫へ希望をつないで死んで行きます。
木は、

根が、暗い地面の中で成長に必要な栄養や水分を大地から吸収し、 
幹は日々風雪に耐えながら枝や葉に送り続けます。

その苦労の意味は…
花や実(次世代)の結実にあります。

団塊世代は
人生で培った全てをカプセルに詰め、次世代に継いでゆく責任があると思います。

お金は象徴的価値しか持ち合わせていません。
実体の価値とは、
国家を形成している国民の、
人格の豊かさや、創造力、そして想像力です。

これらが生きる力となって、次世代達がサバイバルできるよう、
世代継承してゆかなければ、日本の未来はありません。

団塊世代が培ってこられた
不屈の信念や、知恵や技術。

これらが今、次世代に受け継がれないまま、消滅の危機にあります。

死とは、消滅ではなく、結実でなければならないと思います。

継がなければ、日本の戦後70年の蓄積が消滅します。

世代継承こそが、日本の発展の鍵であり、
次世代に大いなる希望を遺す唯一の道であると確信します。

 ・ご高齢世代…豊かなご経験や経済力はあるが、体力が衰えゆく
 ・若い世代…経験と経済力は無いが、若さがある

この二つの人生は一つのサイクルにおいて相互に補い合う
循環型教育社会を築くことこそ、日本の発展の鍵だと思うのです。

 

日本を支え、日本の発展に務めてこられた人生の大先輩であり、

尊敬すべき敬慕世代(尊敬し敬うべき世代)に対し、

感謝と誠意をお返しする事業として

「世代継承・親孝行プロジェクト」と命名しました。

 

詳細の事業内容は右記にて個々に説明しています。

MHD男塾&女塾HPへ
MHD男塾&女塾HPへ